2020年08月12日

AVAHI 再び 1

ESXiサーバーを運用しているので、その上でテストシステムを構築して、
オーディオサーバーの構想を再始動。

AVAHIと Apple Airport Express の問題が、解ったようなきがします。

1.我が家のApple Airport Express は、IPV4 で固定IP、アクセスポイントモードで運用しています。
2.AVAHIでネットワークを探索しますと169.254.XX.YY`とDHCPに用いられる一時IPがレポートされます。
3.システムは、169.254.0.0/16のネットワークへの経路がありません。

これが、問題の構造と考えました。
確認方法としては、"dig"を使います。


$ dig Test-AirPort-Express.local @224.0.0.251 -p 5353

; <<>> DiG 9.11.3-1ubuntu1.12-Ubuntu <<>> Test-AirPort-Express.local @224.0.0.251 -p 5353
;; global options: +cmd
;; Got answer:
;; WARNING: .local is reserved for Multicast DNS
;; You are currently testing what happens when an mDNS query is leaked to DNS
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 31319
;; flags: qr aa; QUERY: 1, ANSWER: 2, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 1

;; QUESTION SECTION:
;Test-AirPort-Express.local. IN A

;; ANSWER SECTION:
Test-AirPort-Express.local. 10 IN A 192.168.WW.ZZ
Test-AirPort-Express.local. 10 IN A 169.254.XX.YY


;; ADDITIONAL SECTION:
Test-AirPort-Express.local. 10 IN AAAA yyyy::xxx:zzzz:qqqq:pppp

;; Query time: 0 msec
;; SERVER: 192.168.WW.ZZ#5353(224.0.0.251)
;; WHEN: Tue Aug 11 20:55:34 UTC 2020
;; MSG SIZE rcvd: 105


IPV4の"A"エントリーが二つあることが確認できます。
つまり、Airport Expressは、2つのIPを一つのIFに持っていることになります。

このうち、システムのIFと同じネットワークにあるIPのみをレポートするようにするのが、
Fix Avahi with some Airports
です。
posted by kuma SF-Z at 19:03| Comment(0) | ソフトウェア 修理/改修

2020年05月03日

バックアップ・スクリプトのポート完成

ESXi環境でシステムが安定的に動き始めたので、まずはバックアッフムの検討。

1.ESXiの機能を使ったバックアップを検討
->スクリプト自体は、完成したのですが、対象仮想システムのスナップショットができずに保留

2.USB ディバイスを直接アタッチ
->USB HDDを対象仮装システムにアタッチできずに保留

ESXiの再インスールや、パッチを当てたりして色々もがいてみたが、解決せず。
結果として、directpath I/O の設定のある仮装システムへの「ESXi (6.7)の制限」と判明。

もう一つ仮装システムを作成して、それを通じてUSB HDDへバックアップする事に方針を変更。

以前のスクリプトは、ZFS/extのローカルファイルシステムを、ZFSで構成されたUSB HDDへバックアップしていました。
これを
・リモートシステム対応
・LVM対応
・xfsファイルシステム対応
の改変をしました。

バグもいくつか発見。データのバックアップに不具合が出る様なバグでは無かったのですが、
バックアップ情報の管理に関わる問題でした。
リストア時に情報の取得場所に迷うぐらいです。

あ、VMware vSphere 7.0が2020/4/30付けでリリースされている!
posted by kuma SF-Z at 00:00| Comment(0) | ソフトウェア 修理/改修

2019年07月16日

Wacom Cintiq 21UX (DTK-2100/K0) 電源

Wacom の Cintiq 21UX (DTK-2100/K0). を ヤフー・オークションで手に入れました。
殆ど未使用な個体でした。
こいつは、そろそろ10年前(2011)のモデルで安く出品されている。

入れ替えの為に廃棄されたのか、電源のACアダプターが付属していないものが多い。
私が手に入れた物にはACアダプターがついていたので、ちょっと調べてみました。

DSCF6012-2.jpg
入力 100-240[V]
出力 12V 6A
で出力コネクターは、ミニDINと思っていたが、Power DINと呼ばれる物でした。
丸コネクターで小型なのでミニDIN と思ってしまいましたが、
ミニDIN 4pinは、( VIDEOの)S端子や(MACの)ADBで採用されていて、もっと繊細なコネクターでしたね。
DSCF6015-2.jpg
posted by kuma SF-Z at 23:06| Comment(0) | ソフトウェア 修理/改修