2019年09月22日

RAID Card 再び SAS 9212-4i4e その2

https://www.supermicro.com/wftp/driver/SAS/LSI/2008/IR_IT/Firmware/
より、Firmware をDownLoad して適用をしてみる。

DOS用とEFI Shell 用のツールが用意されている様です。


まずは、FreeDOSを1GByteのUSBメモリーにインストールしてその上に、ダウンロードしたファイルを展開、実行。

C:\>sas2flsh
LSI Corporation SAS2 Flash Utility
Version 20.00.00.00 (2014.09.18)
Copyright (c) 2008-2014 LSI Corporaton. All right reserved

ERROR: Failed to initialize PAL. Exiting Program.



とエラーになった。どうやら、EFI-Shellでアップデートする必要があるみたい。

FreeDOSをインストールしたUSBメモリーに" \EFI\BOOT" のディレクトリを掘り、
https://github.com/tianocore/edk2/blob/vUDK2017/ShellBinPkg/UefiShell/X64/Shell.efi
よりダウンロードしたShellをBootX64.efi とリネームして配置。
EFI Boot !

UEFI Interactive Shell v2.2
EDK II
UEFI v2.40 (American Megatrends, 0x0005000B)
Mapping table
      FS0: Alias(s):HD0c0b::BLK1:
        PcRoot(0x0)/Pci(0x14,0x0)/USB(0x2,0x0)/HD(1,MBR,0x00000000,0x3F,0xFFEC1)
     BLK0: Alias(s):
        PciRoot(0x0)/Pci(0x14,0x0)/USB(0x2,0x0)
Press ESC in 1 seconds to skip startup.nsh or any other key to continue.
Shell> fs0:
FS0:\> cd \IR\UEFI
FS0:\IR\UEFI> sas2flash -list
InitShellApp: Application not started from Shell
FS0:\IR\UEFI\>



"InitShellApp: Application not started from Shell"とエラーが出てしまった。
色々調べてみると EFI Shellのバージョンでこのエラーが出ることがあるそうです。

https://www.studiosoundsradio.com/create-bootable-uefi-usb-drive-bios-updates/
を参考に
https://static.studiosoundsradio.com/wp-content/uploads/2017/08/efifiles.zipj
から別のEFI Shell をダウンロード

今度のShell では、上手く行きました。
上手く行ったShellの情報です。

fs1:\IR\UEFI>ver
EFI Specification Revision : 2.40
EFI Vendor                         : American Megatrends
EFI Revision                      : 5.11



posted by kuma SF-Z at 13:14| Comment(0) | ハードウェア 修理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: