2020年01月26日

RAID Card 再び SAS 9212-4i4e その8

日電のN8103-130を手に入れました。
またまた、Firmwareで遊んでいた時に
富士通のD2607用のりDirmware Kitに、最近のFirmwareがD2616用として、含まれていた事を発見。
このD2607用の「Firmwareって、LSI 2008 用のMegaRaid 用のFirmwareじゃない?」と思い至りました。
9214-i4e4は、SATAのコネクタが基板に4つかり外部にSFF-8088のコネクタがあり、物理的には理想的なんで
使いたいのですよ。
Linuxで使うと、megaraid_sasとmpt2sasで異差は感じられないのですが、
ESXiで使うと10倍くらいの差がありますから、流石にmpt2sas では使う気がしません。

と 言う事で、"megarec"で書き変えてみました。


C:\D2607> megarec -m0flash 0 20101150.rom
:
Supports 1078 controller and its Successors.
Using BAR2 mem space.
Not enough memory space to setup BAR2
Flash is NOT Programeable
DOS/32A warning (9003): real mode interrupt vector has been modified: INT 01h
DOS/32A warning (9003): real mode interrupt vector has been modified: INT 02h
DOS/32A warning (9003): real mode interrupt vector has been modified: INT 03h
DOS/32A warning (9003): real mode interrupt vector has been modified: INT 04h
DOS/32A warning (9003): real mode interrupt vector has been modified: INT 05h
DOS/32A warning (9003): real mode interrupt vector has been modified: INT 06h

と失敗でした。
どうやら、基板上のEEP-ROMの容量が足りないみたいです。
残念でした。
後は、ESXiのmpt2sasが良くなる事を期待するしか無いでしょう。
まあ、古いので期待薄でしょう。ESX7でサポートしてくれれば、それだけでもありがたいですが。




posted by kuma SF-Z at 16:37| Comment(0) | ハードウェア 修理