2019年05月26日

Jumper EZBook Pro 3 バッテリー 修理

バッテリーの加工は、火災や爆発等の危険があります。
この記事を参考に作業をしないようお願いします。

中華ノートのカタログ性能は、値段を考えると十分です。
カタログ性能を作り出す部品は、有名メーカーと変わりないので当然です。

有名メーカーとの決定的な差は品質でしょう。
「当たりハズレが激しい」事を含めて。
で、娘に買い与えたEZBook Pro 3 は、ハズレました。
購入半年でバッテリーの充電ができなくなりました。
バッテリーの品質管理は、中華製品一般に鬼門見たいですね。

DSCF5991-2.jpg
不具合を起こしたEzBook Pro3 のバッテリー

で、思い出したのは、壊したHP Straem 11

DSCF5997-2.jpg

バッテリーセルを比べてみると、HP Stream 11用の方が、一回り小さい。
で、バッテリーセルをHP Stream 11用のバッテリーモジュールから取り出し、
EZBook Pro 3のバッテリーモジュールに移植

DSCF5998-2.jpg

本体に収めて終了

DSCF6001-2.jpg

実際に使ってみると、HP Stream 11と同じぐらいのバッテリーの持ちです。
Diskの容量の関係で、娘には、HP EliteBook 725G2をそのまま使用させる腰にしました。

バッテリーの加工は、火災や爆発の等危険があります。
この記事を参考に作業をしないようお願いします。
posted by kuma SF-Z at 00:00| Comment(0) | ハードウェア 修理